肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 肘の痛みと症状

肘の痛みと症状

肘の痛みは急性の痛みと慢性的な痛みとあります。

そしてその痛みの症状も色々あります。例えば、急性な痛みでは、転倒などの強打が原因の骨折や脱臼などの痛みがありますし、通風やリュウマチなどの内科的な自体が原因の関節炎や感染症による関節炎もあります。

このように肘の痛みに関しては原因があまりに多岐にわたっているため、病院での検査は大切です。そしてそれらの原因でない場合は、何かの原因で炎症が起きているという事になりますので、炎症を抑えるために、アイシングなどが必要になります。

慢性的な痛みの場合は、じん帯が切れていたり、骨の変形もあったりします。

これらの症状は子どもでも起こる事場合がありますので、親御さんは注意してあげてください。一番有名な子どもがなる肘痛は、リトルリーグ肘と言われる物です。これらの慢性的な痛みは、症状を悪化させてしまう場合が多いため、しっかりと上手な筋肉のトレーニング、そして肘関節への負担が少ないフォームを作る事が大切です。

通常肘関節痛の原因は、骨の問題、軟部組織の問題が中心ですが、中には神経痛の場合もありますので、考慮が必要です。急性の場合は、外傷が原因の場合が多いですが、慢性の場合は、変形や筋肉の異常の場合が多くなります。筋力アップやストレッチも大切ですが、感染症の場合などはそのような対応では病状が回復しませんので、必ず病院でのチェックを受けてください。

通常急性の場合は、アイシングと物理両方での対応が多いです。さらに骨折の場合は、固定両方です。

そして慢性の場合はマッサージやストレッチ、筋力強化などのエクササイズなどのコンビネーションで対応する事があります。骨などがすでに変形してしまった場合、骨を戻す事は難しいのですが、そこの周りの筋力などをトレーニングしてしっかりと支えるようにします。

肘の痛みの基礎知識

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん