肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 正中神経麻痺

正中神経麻痺

手根管症候群は、正中神経の障害です。正中神経は手にとって、実は一番大切な神経です。この正中神経の障害は、鋭敏な感覚などを必要とする手にとっては致命的なダメージになると言えます。

正中神経は、母指から主な指の内側の感覚を支配しています。そして前腕部は、前腕の回内、そして手首を曲げる、手指を曲げるなどを支配していたりします。肘の上で、正中神経とわかれる前骨間神経は、親指に関しては屈伸などを担当していますが、皮膚感覚は支配していません。

正中神経の障害がどこで起こっているか、どの程度の障害なのかということによって、症状が違ってきます。肘より上のレベルの外傷の場合は、麻痺の程度は色々ありますが、母指から何本かの指の感覚がなくなったり、手指が曲がらなくなったり、筋力が障害されたりします。

主な原因は怪我や骨折などの外傷、そして色々な神経痛などにより生じたりします。そして外傷以外は、運動のし過ぎによる回内筋症候群などの病気があります。

診断は正中神経の支配に一致した感覚障害があり、神経障害がある部分を叩くと全体が痛いということがあれば、障害部分が確定できます。運動神経の障害も損傷の度合いや部分により様々なレベルがあります。確定診断には、筋電図検査、X線検査、MRI検査などを必要に応じて行っていきます。

治療は、骨や脱臼などの外傷はまず早期に手術が必要ですが、それらの原因が明らかでない場合は、保存的治療で対応されます。さらに、保存療法ではまず局部を安静にしたり、薬剤などを投与したり、運動したりしてみます。そして内容によっては手術で神経を剥離したり縫合したりもします。最終低には整形外科医の判断になりますので、よく病院と相談してください。

肘の痛みの基礎知識

ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について