肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 しびれ(上肢のしびれ)

しびれ(上肢のしびれ)

上肢がしびれている場合には、しびれ方やそのしびれの時間、そしてしびれた部位などによって、予測が付きます。そのため、極力放置せずにすぐに病院にいって、整形外科医に相談してください。

一時的なしびれの場合は、例えばこのような症状があります。朝起きたときに、体の下になっていた手がしびれていた経験がありますよね。そのようなしびれの場合は、一時的に血行が悪くなっていて、起きているしびれです。このようなしびれは心配する必要ありません。

正座をしていて、足がしびれたような場合も特に問題ありません。しかし、同じ朝起きての症状でも、心配する必要があるしびれもあります。手根管症候群では朝目が覚めたときにしびれや痛みが強くなってしまいます。このような場合は状況が違います。そのような症状を経験したら病院にいってしっかりと医師と相談してください。

しびれの部位に応じて色々状況が違うのですが、もし親指から中指の間、そして手の平の方がしびれている場合は、正中神経の障害、そして手根管症候群の可能性が高いです。しかし、小指あたりの手の甲あたりがしびれていたら、尺骨神経の障害で、肘部管症候群の可能性が高く、親指から中指あたりの手の甲の場合は、橈骨神経麻痺の可能性が高いです。

そして、手背、前腕、上腕などがしびれている場合は、頸椎の疾患など色々な問題の可能性が疑われますので、病院でしっかりと相談してください。とにかく全身の神経は何か一時的な事でない限りそうそうしびれたりしないものです。慢性的にしびれがあるときは、神経的な疾患があるという事になってしまいます。そのような状況があった場合は極力早いタイミングで専門医に相談してください。

肘の痛みの基礎知識

タゴシッド
タゴシッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ポスター印刷
大判印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html