肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 肘部管症候群

肘部管症候群

主な症状は、初期の段階では、小指と環指の一部がしびれてきます。そして、麻痺が進行すると進行の度合いにもよりますが、手の筋肉などが痩せてきたり、小指と環指が変形します。

肘部管症候群は、肘で尺骨神経に圧迫、牽引してしまい、起こってしまう神経障害のことです。主な原因は、肘の内側で尺骨神経が慢性的に圧迫されています。この圧迫が色々な症状を引き起こしているわけです。

その状態は、例えば神経につながっているじん帯やガングリオンが腫れることで、圧迫される場合や、加齢による腕の変形、子どもの時の骨折などが原因の腕の変形、野球や柔道などのスポーツが原因の変形などが考えられます。

簡単な診断方法は、肘の内側を軽く叩くと、小指と環指の一部にしびれた感じが伝わります。そして変形がある場合は、X線検査で肘の外反変形が見えたり、関節の隙間などで狭い場合があります。その狭い部分でまさに圧迫してしまっているという事になります。

治療に関しては、まず、薬を投与し、肘などを安静にすることで極力すべてを保存する保存療法が検討されます。そしてそれでも神経麻痺などが進行している場合は、尺骨神経の圧迫原因のじん帯を¬切り離したりガングリオンの切除などを行います。

神経の緊張がとても強い場合は、骨をけずったり、神経を移動する場合もあります。そして骨の変形がある場合も、骨を手術的に治す場合もあります。最終的には外科的な手術が必要となってしまう病気です。

肘の痛みの基礎知識