肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 テニス肘 上腕骨外側上顆炎

テニス肘 上腕骨外側上顆炎

主な症状は、ものを掴んで持ち上げる動作や、タオルなどをしぼるような動きをすると、肘の外側から前腕の部分全体に痛みがでます。通常じっと動かさない場合には、痛みはでません。

この病気は、中年以降のテニス愛好家がよくなる病気として知られています。

そのため、テニス肘と言われています。通常、年齢とともに肘の腱が傷んでくるため起こる病気です。しかし病態や原因はそれ以上あまり解明されていません。状態としては、主に 短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されてしまうことで起こると言われています。

診断は主に3つの検査から行われる事が多く、とても簡単に外来で行う事ができます。診断はこの3つの検査ですべて肘外側から前腕にかけて痛みがあれば、テニス肘と診断されます。

ひとつめは、Tohmsenテストと言われるものです。

これは検査をする人が手首を内側に曲げるようにして、患者さんには、肘を伸ばしたまま、検査をする人の力に抵抗して、この手首を逆に伸ばしてもらうような動作をします。ふたつめは、chairテストといわれていて、まさに椅子を使います。患者さんに肘を伸ばしたままの方ちで、椅子を持ち上げてもらいます。そして最後に中指伸展テストといわれるものです。

これは検査をする方が中指を上から押さえますので、これに対抗して患者さんは肘を伸ばした状態で、中指を伸ばしてもらいます。これらのテストですべて痛みが合った場合はテニス肘と診断されます。

基本的に最初の療法は保存療法で、手首や指のストレッチを行います。

そして、極力手や腕、肘を休ませて湿布などで炎症を押さえるようにします。さらに、肘の外側に局部麻酔薬とステロイドの注射などをしたりします。そしてテニス肘用のバンドをしたりもします。手術療法も可能です。しかし、これらはしっかりと切開しますので、保存療法とは全く性質が違います。

肘の痛みの基礎知識

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/