肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 肘内障

肘内障

これは5、6歳までの子どもがなる症状です。

子どもが手を強く引っ張られ、その後、痛がって腕を下げたまま動かなくなる症状になったらこの病気を疑います。だいたいの子はこれになると痛いため、泣く事が多いです。しかし、5歳くらいまでの子どもは良くなるため、あまりびっくりする必要はありません。

それは、子どもが暴れたりしますので、注意のためや様々な理由で、不用意に腕を引っ張る事もあります。その際にこのようなことになることがあります。原因は、肘のじん帯から外の骨がはずれかかることで起こります。

主に5歳以下の子どもになる症状です。

整復するのは数時間以内にすることが大切ですので、すぐに医者に行ってください。あまり長くまつと整復してから手が動くようになるまでの時間が長くなったりします。

5歳くらいになるとやはり言葉で色々な事がしゃべれますが、まだまだ複雑な表現はできません。そのため、受傷時の状態と肘をやや曲げた状態なので、 肘内障かもしれないということで疑いますが、念のために、骨折、脱臼と鑑別しますので、レントゲン検査で骨などに異常がないかどうかを確認します。最終的に脱臼などでない事が明確になった時点で整復を医師が行います。

徒手整復を行いますが、整復の後はいつものように腕を使うことが可能です。本来ならば医者にて行うべきですが、徒手整復の基本的な仕方を説明します。まず、手のひらを上に向ける状態にし、肘関節を支えます。そっとひじを曲げます。すると肘にコリッとした感じがあります。そしてこれで肘が元に曲がるようになります。しばらくはあまり動かさず無理させないようにしましょう。

肘の痛みの基礎知識

http://www.pethoteltokyo.com/
東京ペットホテル