肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 上腕骨外顆骨折

上腕骨外顆骨折

激しい転倒や転落をした時に、肘の部分で衝撃を受けてしまい、肘部分が激しく痛くなったり、腫れがあったり、痛くて肘が動かせない時は、骨折をしている場合があります。

骨折片などで、血管や神経が損傷する場合があり、手や指がしびれたり、動かせなくなったりもします。かなりの割合で、この骨折は、転んだりした時に、鉄棒やうんていなどから転落したときに、肘がそってしまい、そのまま衝撃や体重を肘で受けてしまったときにおこります。そして子どもが患者のケースがかなり多いです。そして、X線検査で骨折の確認をして、診断します。

もし、変形などがあまりひどくない場合は、ギプスやキャストなどで固定し、固定療法を行いますが、変形などがひどい場合は、手術治療となります。

患部の状態にもよりますが、腫れがひどい場合は、腕を殻の上に吊って、ひっぱって固定し、治療を行う場合があります。骨折の状況によっては、神経や血管が損傷するときがあります。血管が損傷している場合は、至急に手術が必要となります。骨折した部分が、曲がって癒合し、変形などが残る事もあります。

血管損傷の場合、その後血液がたまったり、例えば、骨などが変形したりすることで、神経や血管が圧迫され、別の病気を発症することもあります。骨折は子どものころは、事故などでなってしまうことも多いと思いますが、しっかりと安静にして治療することが大切です。後で後遺症を残さないためにも、しっかりと治療をしましょう。

肘の痛みの基礎知識

カーテン インテリア
モンルーペジャパン