肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 野球肘

野球肘

成長期にボールを投げすぎることでおこる肘の障害のことを野球肘といい、基本的な症状としては、投球時、そして投球後に肘が痛くなるような症状があります。

そして肘の伸びや曲がりなども悪くなり、急に動かせなくなることもあります。この原因は、繰り返しボールを投げる事で、肘への負担が過剰となるということです。過剰な負担で、肘の内部や外側に炎症や症状などが現れてしまいます。そして、肘の外側あたりで、骨同士がぶつかって、骨や軟骨などがはがれたり痛んだりしてきます。そして肘の内部では、じん帯や腱、軟骨などが痛くなります。肘の後ろ側でも骨や軟骨が痛くなったりします。まず痛くなったら少し体を休める事が大切です。

基本的な診断は、野球をしていて、肘に痛みがあって、さらに動きが悪くなっているなどの症状がある場合は、まず野球肘が疑われます。

そしてX線検査やMRI撮影などで診断します。この状態にある時は、まず投球の中止が大切です。そして肘を安静にしましょう。まず痛みに関しては無理をしないことが本当に大切です。

痛みを我慢して投球を続けると、障害がどんどん悪化して、症状によっては手術が必要になってきてしまいます。ここまで悪化してしまいますと、実際スポーツを続けられるのかなどがかなり不確定要素となってしまいます。

手術には、骨に穴をあける方法や、骨を釘のようにして移植する方法や肋軟骨や膝の軟骨を移植する方法など色々あります。

一番大切な部分は、安静にどの程度しておかねばならないのかということですが、スポーツへの復帰に関しては主治医とよく相談する必要があります。

肘の痛みの基礎知識

タキソテール
タキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

すっぽんスープ通販 巣鴨三浦屋│【飲むエステ】コラーゲンと必須アミノ酸が豊富な食品(サプリメント)の効果を是非味わってください!お中元やお歳暮へも人気
http://e-shop.tj.shopserve.jp/