肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 肘の痛みの基礎知識 変形性肘関節症

変形性肘関節症

肘を動かすと痛みが強くなり、安静にすると痛みが軽減する運動痛があり、肘の屈伸の動きなどが制限され、口に手が届かないといった日常生活で必要な動作にも問題がでてきてしまいます。

ロッキングというのは、ある角度で肘が動かない固まった状態で、少しでも動かそうとしたところで、激痛がはしってしまうことを言います。日常生活に支障があるっていうのはとても不便です。そして肘部管症候群を起こしてしまう事があります。

変形性肘関節症が進行してしまうと、肘内部を走っている尺骨神経が圧迫されてしまいます。そしてその圧迫の問題で、神経の反応などがわるくなったりしびれがきたりしてしまいます。そして特に神経が麻痺してくると、 環指の半分と小指の感覚があまりなくなってしまい、手指の動きが不器用になってしまったりします。

基本的な原因は、肘関節の酷使です。

この酷使の原因は主にスポーツや重労働などで、肘関節内骨折などの肘関節の外傷や、関節炎などが起こってしまうことが原因です。そして病態自体は、外傷では関節軟骨が摩耗してしまい、骨が関節面に露出してきます。

そして特に内側は、過剰な骨の突起ができます。その骨の突起は関節の動きを制限したりします。そして、もっと進行が進むとこの突起が折れてかけらになり、関節内の遊離体となってひっかかるため、ロッキングの原因となったりします。

診断は、仕事の職業歴やスポーツ外傷について、そして外傷の履歴やロッキングのエピソード、そして全体的な症状などから、この疾患の疑いがでます。そしてX線検査で、関節の隙間などが狭くなり、骨棘形成や軟骨が摩耗してたりする症状が見られたりします。骨棘は、肘頭周囲や腕尺関節内部にも多く発見されます。そして関節の内部にネズミと通称いわれる関節内遊離体があることもあります。CTを使い、骨棘や遊離体の位置や大きさなどを把握することが可能です。そのため、レントゲンとCTを両方つかって診断します。

通常は、肘を曲げて口に手が届き、トイレの始末などの大切な日常生活に支障がなければ、保存療法が通常行われます。保存療法の場合、まず、固定が大切です。三角巾やシーネなどを使って安静に固定します。そして消炎鎮痛剤や関節内に注射をする薬物療法、そして温熱療法やレーザーなどを使って、筋力トレーニングやストレッチングを行う理学療法があります。色々な療法がありますので、自分の症状は状況によって、しっかりと治療することが大切です。

もし日常生活に支障がある場合は、可動域の改善や痛みの軽減などを目的として手術することがあります。これは、直視下で行う場合と、関節鏡視下で行う場合がありますが、手術では主に激痛やロッキングの原因であるネズミ摘出や骨棘の切除が行われます。

肘の痛みの基礎知識

サイモグロブリン
サイモグロブリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!