肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ ひじの痛み対策 ストレッチ

ストレッチ

色々な障害で、肘などが痛くなってしまったときに、痛みを解消するためにも、ストレッチを行う事は大切です。

そのため、しっかり毎日朝晩ストレッチをスポーツをする前後で行ってください。一日に何度も繰り返す事が大切です。一回15分程度はストレッチに当ててください。

手順は、まず肘を力いっぱい伸ばしてそのまま手首をいっぱい下げて、5秒間キープします。そして次に肘を力いっぱい伸ばしてそのまま手首をあげて5秒間キープします。そして、肘をちからいっぱいに伸ばしてそのまま手首を外側にまわしてねじりながら手首をそらした状態でまた5秒キープします。

そして、肘を力いっぱい伸ばして、そのまま手首を内側に伸ばしてねじって、手首を曲げた状態で、5秒ほど保ちます。

しっかりと運動などの前後にストレッチをしたり、朝おきてから、ストレッチをすることは大切です。そして体をしっかりと柔軟な状態で保つことができれば、色々な痛みから解放されます。

症状が緩和されないときは、整形外科にいってしっかりと専門家の治療を受ける事も大切です。状態によっては患部をストレッチするのではなく、固定してしまったほうが回復が早い場合もあります。専門家に相談することが確実です。通常は症状にもよりますが、温存療法を行って症状などの改善がない場合は、始めて手術を行ったりします。手術が必要かどうかというのは、専門医師でないと判断できませんし、実際の症状も肘から腕、そして手首、から手にかけては、色々とつながっていまして、色々と症状がつながっています。あくまで色々な方法がありますので、しっかりと相談しましょう。

ひじの痛み対策

フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!