肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ ひじの痛み対策 ひじサポーター

ひじサポーター

肘の痛みの対策として、ひじサポーターがあります。

この場合、なかなか本人にしかわかりませんが、なかなか重い物が持てなかったりと、色々と制約されてしまいます。そして体が芯から冷えてしまうと、より体の筋がこわばってしまい痛くなってしまう場合もあります。そのため、肘サポーターのようなもので、体を保護し、少し動きを制約することで、肘が休まるように支援をするグッズです。

ひじサポーターを使わない場合は、包帯やその他のグッズで少し肘を固定することは可能です。クロスラインサポーターなどを使えば、クロスラインが、入っていることで、無理なく関節の負担を軽減するようなデザインになっています。特に冬には、寒さ対策とサポートが一緒になっていて、とても便利です。

中には遠赤外線で暖めるものと、逆にサポーターが、冷やす機能を持っている場合もあります。しっかりと患部の状態を確認し、内容を理解した上で、冷やす必要があるのか、暖めた方がいいのかを理解して対策する必要があります。

通常はサポーターのようなものでの固定と同時に痛みが強い場合は、痛み対策がとられます。例えば投薬治療もありますし、しっかりと痛みなどをとる必要があります。時にはステロイド注射などをして対策する場合もあります。

とにかくしっかりと炎症がある場合は、その症状を抑える必要があるからです。炎症が落ち着いた時点で、かなりの確率の痛みが治まります。しかし、注射などで一時期状況が改善しても、また治療が必要になったり、炎症が始まってしまう事があります。あまり再発を繰り返すようならば、やはり根本的に手術する必要があると言えます。

ひじの痛み対策

ダオニール
ダオニールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

貸し会議室やトランクルームを大阪市で展開するリアライブ
http://www.rearlive.co.jp/