肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手関節に関して 橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

手首に強い痛みが始まり、すぐに腫れます。

怪我をどのようにしたかにももちろんよりますが、手のひらをついて転んだあとなど、食器のフォークを伏せておいたような変形があったりします。そして手がふらふらしてまったく力が入りません。そのため、反対の手で支えている必要があったりします。そして、気をつけてほしいのは、色々な圧迫がされる場合がありますので、しっかりと圧迫や骨折がないようにしたいです。

てのひらをついて転んだり、自転車やバイクで転んだという転んだりしたときに、前腕の2本の骨の撓骨が手首のところで折れる骨折のことです。

通常ならば、そんなに簡単に折れたりしないようになっていますが、閉経後の女性は、骨粗鬆症になり、骨が脆くなります。そのため、簡単に骨が折れてしまう事があります。若い人の場合でも、高いところから転落したり、交通事故などで強い力が加わった場合、折れる場合があります。子どもの場合、手首側の成長難骨板のところで骨折する場合もあります。

そして、基本的には骨折の判断はレントゲン検査でわかりいます。その骨の折れ方によって、治療法が異なりますので、折れた部分がどの程度単純なのか、複雑なのかによって、今後の治療を左右することになります。そのため、しっかりと判断します。さらに、手首の手の骨編が、手首の甲の方にずれている骨折をコレス骨折、そしててのひら側にずれている場合は、スミス骨折とよばれています。

まず、腕の麻酔や静脈麻酔などで痛みをとってから、ずれている場合は、整復操作を行います。そしてずれない場合は、ギプスなどで固定します。そして、整復できない物は手術での対応となります。そして、手術の場合は、X線透視で行う場合と、銅線を入れて骨折部を固定する経皮銅線刺入法や手前の骨片と手首側にピンを入れて牽引装置を取り付ける方法やら、色々あります。最近は、ロッキングプレートをいれて、プレート固定での方法が良く使われるようになってきました。子どもの場合は、骨の整復が不完全でも自力での矯正力もとても豊富なため、手術を必要としない場合が多いです。

手関節に関して

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!