肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手関節に関して 手根管症候群

手根管症候群

初期の症状は、人差し指や中指あたりにしびれがきますが、最終的には親指から3本半の指が全体的にしびれます。

そしてこれらのしびれは、明け方あたりにより強く現れます。そして手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれや痛みはましになりますが、手のこわばり感もあったりします。裁縫などはしづらくなりますし、細かいものが掴めなくなります。

主な原因はあまり解明されていません。

そして原因不明とされる事が多いです。妊娠や出産、そして更年期の女性が多くなります。その他、骨折や怪我、そして仕事やスポーツなどで、手を使いすぎていたり、透析などをしている人は特に症状が出やすい疾患です。正中神経が手首の手根管というトンネルの間で圧迫されているため、起こっている症状です。

あまり原因がなく、女性に発症する時は、主に女性ホルモンが乱れることで、腱鞘などがむくみ、そのむくみが原因で、手根管の内圧が上がってしまい、正中神経が症状をだすということが考えられています。そして使い過ぎの腱鞘炎、そして怪我によるむくみなども同様に正中神経を圧迫します。

基本的に正中神経はあまりに指などで司るものが多いため、すぐに整形外科医に相談してみてください。そしてそれでも心配な場合は、神経内科にも相談してください。腫瘍などがある場合は、手術が必要になります。現在では内視鏡などを使った手術になっていますので、手術を行っても手術痕は小さくなってきています。まずは病院で相談してください。

手関節に関して

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら