肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手関節に関して 舟状骨骨折

舟状骨骨折

舟状骨というのは、まさに手の関節にある8つの手根骨の一つで、親指側にあります。そして手根骨の中でもかなり重要な骨です。

船底のような形をしているので、舟状骨と言います。舟状骨の骨折は舟状骨自体が見づらいため、見逃されてしまう事があります。しかし、放置すると偽関節という状況になりますので、気をつけてください。偽関節は、骨折した骨が実際にくっつかず、関節のように動くようになることを言います。

急性でなった場合は、一旦親指が腫れ、痛みなどもあります。

そして急性の状態が終わり放置した上、偽関節になってしまつお、手首の関節が変形したり、手首に痛みが生じて力が入らなくなってしまったりします。そして原因は、スポーツや交通事故などで手首をついたときによく起こります。そして、この舟状骨骨折の場合、手首を捻挫したと思って放置したため、偽関節になる事がおおいです。

手首の痛みがあり、動きにくくなる場合は、舟状骨骨折か舟状骨偽関節を疑うようにしましょう。そしてX線撮影でしっかりと舟状骨をとってもらうことが重要です。疑わしい場合はCTやMRIをとるとはっきりします。

治療の場合、舟状骨は血行が悪く、非常に治りにくい骨折です。早期発見ができた場合は、ギプス固定で治療することがありますが、この固定は長期になる事が多いため、最近は特殊なねじでの固定が多いです。そして偽関節になってしまったものも、放置しておくと手首全体が悪くなってくることが多いということで、手術が必要です。

手関節に関して

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!