肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手関節に関して キーンベック病

キーンベック病

月状骨がつぶれて扁平化してしまう病気で、キーンベック病というのがあります。月状骨は手首にある手根骨のほぼ中央にあります。この骨は気をつけないと血流がとても乏しいので、血流障害になりやすく、壊死してしまいがちな骨です。

手を使ったあと、手首に痛みや腫れが見られたりします。そして握力などが低下します。手首の動きは悪くなったりする症状が見られます。

原因は不明なのですが、職業的に手を良く使う男性に良くある症状です。

明らかに外傷が内場合や、職歴がない女性、そして高齢者に起こる事もあります。とても原因がはっきりしない状況です。そしてこの月状骨がつぶれる病気になります。初期は血行不全のため、X線検査やMRIで月状骨の輝度の変化がでたりします。末期は、無腐性壊死状態になります。そして扁平化してしまいます。

手を使ったあとに、手首に痛みなどが発生します。

そして基本的に治療は、症状や年齢によっても大きく違うわけですが、あまりに初期や痛みが強い場合は、安静にしたり、ギプスをする場合があります。主に状態を保持するために、固定が行われます。そしてそれでも治らない場合は、色々な手術が考えられます。月状骨にかかる力の負担を減らすために、骨移植をしたりと色々な手術があります。

末期の場合は、壊死した月状骨を摘出し、そこに腱球挿入する方法などが使われたりもします。症状などによっても、大変色々な治療が合ったりしますので、まず痛みに襲われたら、整形外科を受診してください。

手関節に関して

透析 送迎
透析の送迎なら五反田ガーデンクリニック!

【楽天市場店:父の日「お酒名入れ」/日本酒ギフトセット/焼酎ギフトセット/梅酒ギフトセット/酒器セット贈り物】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/osake-utuwa/