肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手関節に関して ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病は、親指を広げると手首の親指側の部分の腱が張っているため、2本の線が浮かび上がります。それらの腱などが、手背第一コンパートメントを通るところで起こる腱鞘炎のことです。

症状は、手首の親指側の腱鞘とそこを通過する腱に炎症が起こった状態です。そして腱鞘の部分で腱の動きがあまりスムーズではなくなってしまいます。そして手首の親指側が痛み、腫れてしまいます。そして親指を広げたり動かしたりすると、強い痛みが走るようになります。

出産期の女性や更年期の女性が多くなりますが、手の使い過ぎやスポーツなどで指をよく使う人にも多いのが特徴です。親指の使い過ぎで、腱鞘が分厚くなってしまったり、腱の表面が傷んだりすることで、さらにそれが刺激をして、悪循環が起きてしまいます。そして手背第1コンパートメントには、その隔壁があるため、炎症などがおきやすい仕組みになっています。

診断は、まずちょうど親指の付け根から、ずずっと手首後ろ辺りまでいったところが押したら痛くて、腫れていて、そして、指を小指側に曲げると痛みがひどくなるかどうかで、診断します。この診断方法はフィンケルシュタインテスト変法といいます。そして指をまげるのはフィンケルシュタインテストと言います。

治療方法は局所の安静、固定などを含みます。そして投薬や腱鞘内ステロイド注射などの保存的療法をまず行います。そしてそれでも改善がない場合、そして再発が多い場合は、腱鞘の鞘を開く手術を行います。

手関節に関して

事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!