肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手関節に関して ガングリオン

ガングリオン

ガングリオンは、ゼリー状の物質の詰まった腫瘤で、良く発生するのは手関節背側に生じるガングリオンになります。

これは手関節の関節包につながっている事が多いです。そしてその他のガングリオンのよく発生する場所は、親指の関節包やばね指の生じる指の付け根のあたりの腱鞘あたりです。

関節の周辺や腱鞘のあたりにで、米粒からピンポン程度のガングリオンができることがあります。

そして柔らかいものもあれば、硬いものもあります。一般的には無症状ですが、まれに神経のそばなどにできた場合は、神経などを圧迫し、しびれや痛み、運動麻痺などの症状をひきこしたりします。そしてそのガングリオンは、手をつかいすぎると徐々に成長し、大きくなる場合があります。

ガングリオンは関節包や腱鞘の部分から発生しますが、若い女性に良く見られます。しかし、必ずしも手を沢山つかうからできるといったものではありません。そして基本的には、MRIや超音波などを使い診断します。手関節などの痛みがいつまでも続く場合は、オカルトガングリオンというのがありますが、こちらも同じです。

主な治療方法は、基本的に無症状の場合は、放置しても特に問題ありません。しかし、診断をしてもらうためにも、整形外科を受診してください。

大きくなる物は、神経などが圧迫されてしまいます。そのため、神経症状がでてくるものに関しては治療が必要となります。保存療法は、ガングリオンに注射針を刺して、注射器で吸引し、内容物を排出したりします。何回か吸引している間に治る事もあります。そしてガングリオンに力をいれて押しつぶす治療法もあります。そしてそれでも繰り返し内容物がたまる場合は、手術を行います。しかし手術をしても、再発する場合があります。

手関節に関して

ナースシューズ アシックス
ナースシューズのアシックスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/