肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手や指関連 ばね指

ばね指

指は腱によってまげたりのばしたりをしています。手を握ったり、強い力を発揮する筋肉は主に前側にあります。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないようにしているのがじん帯性腱鞘というものです。

じん帯性腱鞘は、指の部分にある訳ですが、この指の付け根付近に力がかかってしまい、炎症を起こしてしまうときがあります。この部分の腱や腱鞘が炎症を起こすとまさに腱鞘炎になり、さらに進行してしまうと、引っかかりが起こってしまいばね現象が起こります。この症状をばね指と呼びます。

指の付け根で屈筋腱とじん帯性腱鞘の間で炎症がおきてしまうと、腱鞘炎になります。すると、腱の動きもスムーズでないため、指の付け根も痛みを持ち始め、腫れたり熱感がでてしまったりします。そしてこのまま進行してしまいますと、ばね現象が起きてしまい、さらに悪化すると指が動かない状況になります。

原因は、更年期の女性に多く、出産期にも起きる事があります。手の使い過ぎやスポーツ、そして指を多く使う仕事の人に多いのが特徴になります。糖尿病、リウマチ、透析患者も良くなります。指の使い過ぎによる負荷になります、そのため、動かすたびに摩擦が起きてしまい、炎症が進みます。そして腱鞘が分厚くなってしまったり、腱が肥大化してしまい通過障害などを起こしてしまいます。

指の付け根に腫れや痛みがあり、ばね現象があれば、診断は簡単です。糖尿病、リウマチ、透析患者の中では良く起こります。

治療は主に、安静にする事、そして投薬、腱鞘内ステロイド注射などになります。そして再発する事も多くあります。もし再発を繰り返す場合は、腱鞘切開を行います。

手や指関連

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!