肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手や指関連 母指CM関節症

母指CM関節症

物をつまむ場合や、びんのふたをあけるときなどに親指に力をかけます。その際に、手首の親指の付け根付近が痛くなってしまう症状があります。さらに、おやゆびの指先の関節がひろがってしまい、手前の関節がそってしまう白鳥の首のような変形をしはじめます。

親指の付け根のCM関節部分が腫れてきて、押すと痛みがあると要注意です親指をぐるっとすると強い痛みがでます。

しかし同じ手首の炎症の病気であるドケルバン腱鞘炎やリウマチによる関節炎と区別が必要です。痛みや症状が似ていますが、治療が全く違ってきます。X線検査で、CM関節の隙間が狭く、骨棘があったり、特には亜脱臼があったりします。

消炎鎮痛剤入りの貼り薬を貼って、CM関節保護用の軟性装具をつけるか、固めの包帯を親指から手首に8の字に書いて動きを制限します。とにかくしっかりとある程度固定してあげることが大切です。固定するとその部分が使用しづらくなるために、関節が休まる事ができます。そして安静にしていても、なかなか炎症などが収まらない場合があります。そのような状況の時は、痛み止めを内服したり、関節内注射などを行います。

関節内注射などをしていても痛い場合もあります。基本的にこの病気は、痛みなどが強いため、亜脱臼を伴う高度な関節の変形などがある場合は、関節固定術や骨の一部を切開する手術をして関節を再形成する必要があります。とにかく親指はとてもよく使う指ですし、関節症になると大変不便です。しかし痛みも強い疾患ですので、早めに病院にいって治療を受けましょう。

手や指関連