肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手や指関連 ヘバーデン結節

ヘバーデン結節

ヘバーデン結節は、指の第一関節が変形し曲がってしまう原因不明の病気です。

第一関節の背中側の中央部分に、伸筋腱付着部を挟んで二つほどこぶができるのが特徴と言われています。この疾患を報告したのが、ヘバーデンという人で、この報告した人の名前にちなんで、ヘバーデン結節と呼ばれています。かなり色々な程度の変形があり、すべての人がひどい変形になるとは限りません。

人差し指から小指にかけて第一関節が赤く腫れてしまったり、曲がったりしてきます。そして痛みがある場合とない場合があります。そして通常は親指はないのですが、まれに親指にできる場合もあります。

そして第一関節の動きが悪くなります。そして痛みが強いため、強く握ったりする事も難しくなります。そして、時には腫れたりまがったりするだけでなく、水ぶくれのようなでっぱりができる事もあります。これはミューカスシストと呼ばれています。

この病気は変わっていまして、現在のところ原因は不明です。さらに40代以降の女性に多く発生しています。手を良く使う人はなりやすい傾向があると聞いています。遺伝性はまだ証明されていません。しかし、念のため、母や祖母がなっている場合は、体質が似ている可能性があるため、指先に負担をかけないように注意する必要があります。

第一関節の所見は通常変形性関節症となります。

そして関節リウマチとは違います。基本的に治療方法は複数あります。まず保存的療法として、局所の安静や投薬、局所のテーピングなどがあります。急性期の状態で、少量の関節内ステロイド注射なども有効とされています。保存的療法で、痛みが改善しない場合や、変形がひどくなって日常生活ができない場合は、手術も考慮します。手術法にはこぶ結節を切除するものや関節を固定してしまう方法が使われます。まず第一関節が傷む場合は、安静にしましょう。痛くても使わなければならない場合は、テーピングをすることが大切です。普段でも指先に過度な負荷がかかることは避ける事をおすすめします。

手や指関連

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/