肘の痛みガイド
肘の痛みガイド TOP ⇒ 手や指関連 マレット変形

マレット変形

指の第一関節が木槌のように曲がった状態になって戻らなくなるため、マレット変形と名付けられています。マレット変形の中には、伸ばす筋が伸びたために起こってしまうものと第一関節内の骨折で起こってしまうものがあります。

症状は、第一関節が曲がったままの場合は、痛みや腫れがあるため、自動伸展は不能になってしまいます。実際伸ばそうと思っても伸びてくれません。しかし他動伸展は手伝って伸ばすと伸ばす事が可能です。

突き指の一種でボールなどが指先にあたった時などに起こってしまいます。この症状になるには2つの状態があります。まず、一つ目は、指を伸ばす伸筋腱が切れてしまっておこる症状です。腱性マレット指という名前になります。そしてもう一つのパターンは、第一関節の関節内部で、骨折が起こり、伸筋腱が付いている骨が関節内骨折を起こしてずれた状態になっているので、骨性マレット指と呼ばれています。

指の形状が第一関節で曲がっていれば、まずマレット変形と呼ぶ事はできますが、腱性マレット変形か、骨性マレット変形かの診断が大切です。この診断にはレントゲン撮影が大切です。

そして、基本として、状態によって治療方法が色々あります。基本的には保存療法は、バネ式の固定用装置や完全に固定することで、病状を安定させ、経過を確認します。それで痛みや症状がしっかり落ち着けばそのままいきますし、それではだめな場合は手術的に対応する場合もあります。

手や指関連

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!